アニメ,漫画,ライトノベル,声優,アニラジ,クレジットカード,マイレージなどのオタ趣味全開の大学教員の備忘録です.
大学教員オタ日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
公募情報を見つつ(2)
2008-03-09-Sun  CATEGORY: 雑記
 昨日の続き。こんどは非常勤講師について。

 今は全くやってないけど,専業非常勤状態であった3年間を思い出してみる。・・・・・・・。つらかった。あれから3年もたってるが,まだ想い出には程遠いや。それはさておいても,最近の非常勤事情というのはよく分からないが,国立大学法人とか公営大学は最近ではなるべく,そこの専任が講義を担当して,非常勤の数を減らしているということを聞く。私立大でも同じようなものかもしれない。とはいえ,先日も書いたように,新たに専任を雇うぐらいならこういう非常勤でまかなうほうが,経営的にはやさしいのも事実である。実際,公募情報などにも非常勤の公募を最近ではよく目にする。

 私はA大学,そしてB大学で非常勤をやっていたことがある。A大学はいわゆるFランク底辺大学で,B大学は最近では全国区,少なくともその地域では上位の私大であった。A大学,B大学ともに私が初代のその科目の担当者であった。いわゆるコネでその科目を担当させてもらった。まあ,月にもらえる給料は1コマ2万円ちょっとぐらいだったような気がする。そんなわけで給与としては,ほとんど差がなかった。

 しかし,そこに週1回通うのだが,明らかにA大学のほうが授業をするのに気が重かった。理由としては,
①A大学の学生の私語レベルは動物園並み。自分の授業スキルを考慮してもあれはない。
②A大学では学生にレポートなんか出させても意味がないと思ったので(文章どころか文字を書くことすら疑わしいレベル),テストをやったが,合格点を通過したのはおまけして2・3割程度。さらに下駄を履かせても,これは絶対に通してはいけないレベルが半分以上。
③発達障害だと思われる学生がちらほら。私に質問に来て私が答えた内容を正確に鸚鵡返しする学生。
④通学バス内での学生同士の会話が信じられない内容。自分が始めて銀行のキャッシュカードを作ったという話のなかで,自分の暗証番号を友達にも話してしまう始末。
⑤学生だけでなく大学も馬鹿。私が講義の合間に水を飲んでいたことをどうやら教授会で咎めるような決議が出たらしい。理由は,「学生がまねしたら困る」というもの。開いた口がふさがらない。 
⑥これはまあ,他の大学の事情を知らないのでAとBの比較でしかないが,B大学では夏季休暇中などの講義がない月(8月・9月とか3月)でも給与が支払われていたが,A大学では講義がない月は給与振込なし。テストの採点とか,追試までやってあげてもその月に授業がなければ0円。

 結局,そこでの非常勤は今の大学に就職が決まったので,1年だけで済んだのだが,先日そのA大学で私がやっていた非常勤の公募を目にした。というか,毎年目にしている。やはり,講義担当する人も1年やったら耐えられないんだろうねえ。しかも,その公募,よく見ると,4月上旬まで募集してて,締め切り後1週間程度で授業開始というとんでもないスケジュール。ホント,1年でやめられてよかったよ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 大学教員オタ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。