アニメ,漫画,ライトノベル,声優,アニラジ,クレジットカード,マイレージなどのオタ趣味全開の大学教員の備忘録です.
大学教員オタ日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
嫌いだからなくなってしまえ!という発想
2008-01-20-Sun  CATEGORY: 雑記
神奈川新聞 2008/01/16の記事より
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiijan0801251/

「ポイ捨て・喫煙禁止」条例施行へ/横浜

 ハマの玄関が喫煙禁止に―。横浜市は二十一日、往来の多い横浜駅周辺(東・西口)、みなとみらい21(MM21)地区、関内の三地区の公共スペースを喫煙禁止地区に指定し、違反者から二千円の過料(罰則)を徴収する「ポイ捨て・喫煙禁止」に関する改正条例を施行する。新しい制度をスムーズに導入できるかどうか。鍵を握るのは違反者への対応だ。実質的に過料徴収にあたる「美化推進員」(十四人)の活動もスタートする。
 立ち止まっていても、携帯灰皿を持っていても、喫煙を発見されれば即“アウト”という同条例。市資源循環局によると、屋外での喫煙に関する条例で罰則規定を持つ自治体は、十七政令指定都市のうち横浜を含め川崎市など十一市あるが、路上での喫煙を禁止するものが多い中、喫煙禁止地区の公共スペース一帯で過料を徴収するのは横浜市だけという。
 同局は「駅前や市役所周辺の広場など、人通りの多い公共スペース全体を対象にしたのが特徴」と説明する。
 過料徴収までの流れはこうだ。違反者を見つけた場合、身分証を身に付けた美化推進員が二人一組になって声を掛け、たばこの火を消してもらう。過料は原則、その場で現金で徴収するが、持ち合わせがない場合などは納付書を発行する。
 一見、単純なようだが、いくつもの「ハードル」が待ち受ける。同局によると①無視されたり逃げられる②人違いと主張される③火はついていないと主張される―などの可能性があり、喫煙の事実を確認することで一苦労しそう。さらに、市が用意した「告知・弁明書」に住所、名前、連絡先などを記入してもらい、その際に身分証の提示を求めるが、拒否されることもありうる。
 違反者が従わないケースでは、県警OBらで構成する美化推進員が違反者と並行して歩き粘り強く説得し、過料徴収を促していくという。ただ、他都市で起きたトラブルなども想定し、同局は違反者に対し強制的な阻止行動は行わない方針だ。
 市はこれまで、四カ月にわたり喫煙禁止地区の指定や過料徴収についての周知キャンペーンを何度も実施。観光客や外国人らにも喫煙禁止であることが一目で分かるように、外国語も交えたポスターやチラシを用意して活動を展開してきた。条例施行前日の二十日にも、横浜駅西口駅前広場と桜木町駅前広場で、最後のキャンペーンを行う力の入れようだ。
 「やれることはすべてやった」と同局。公共スペースから「紫煙」を追放する横浜ルール。その成否が注目される。


 
 嫌煙ブームというか嫌煙の風潮はだんだんと,喫煙者を縛り付けつつある。確かに人が歩いているところで歩きタバコなんて危険極まりないし,分煙されてないところでプカプカ吸うのもよろしくない。ただ,外で立ち止まって吸うのもいけないなんていうのはちょっとやりすぎじゃないのかなあと思うよ。タバコ吸うこと自体,健康にはよろしくないだろう。まあ,癌になるなんていうのはどの程度科学的に証明されているのか不明だけれど,少なくとも,タバコを吸うことによって血圧は上がるし,皮膚温は下がる。これが習慣化すると,心臓血管系に影響するのはまあ確かだろう。

 しかし,現状で少なくとも喫煙者がいて,タバコも合法的に販売されているのならば,ここまで圧力をかけるのはやりすぎなのではと思う。タバコを嫌がる人がいるというのも知っている。しかし,目の前で吸うのでなければいいわけで,タバコが吸えるところを全面的に取っ払うなんていうのはやりすぎ。

 「嫌だから取り締まって」
こんなのがまかり通るのはとても恐ろしい。少し前にふんどし姿の男性が映ったポスターが不快だから撤去されたというニュースがあったが,これも嫌だからという個人が持つ感情だけで判断されている。嫌だからという理由で止めてもらえるならいっぱい止めて欲しいものあるよ?。電車の中でうるさくしゃべる,化粧する,携帯で大声でしゃべりながら歩く,あと,車の排ガスとかも嫌だから人が通るところで乗らないで欲しいね。

 なんて,いっぱいあるよ。タバコを取り締まりたいなら,国に売らないように圧力をかけるべきであって,タバコ吸う個人にその責を求めること自体がすでにナンセンス。

 嫌だから止めて欲しいなんていうのがまかり通る世の中だと,いつその「嫌」が自分に向いてくるかわからないですよ?
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 大学教員オタ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。