アニメ,漫画,ライトノベル,声優,アニラジ,クレジットカード,マイレージなどのオタ趣味全開の大学教員の備忘録です.
大学教員オタ日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
政治家の報酬について思ったこと
2007-10-26-Fri  CATEGORY: 雑記
 いつも定時上がりのぐうたら教員だが,ひさしぶりに残業(という概念はないのだが)をしてみた。まあ,それはどうでもよくて,家に帰って太田総理を見た。最近はテレビを見ることもほとんどなくなったのだが(パソコンの画面はニコニコしながらみてるけど),この番組は政治家も出てるしまあ,見られるものの一つだと思ってる。

 今日のテーマは政治と金。爆笑問題の太田は「1円でもミス計上したらクビ」と極論を吐いていた。まあ,その辺は番組を煽るためにわざと極端に言ってるんだろうけど,番組の中で本音っぽく,「ちゃんと政治やってくれたら悪いことで稼いでもいい」といっていたのが気になった。この辺はちょっと俺と考え方が違うかなあと思った。昨日のエントリーの続きみたいになるけど,政治家はちゃんと政治をやっていたら,それに報いるために,もっとたくさん報酬をもらってもいいと思う。歳費だけで1億ぐらいもらっても良いぐらいの仕事だと個人的には思う。ただ,太田が言うように,悪いことやって稼いでもいいと言うのは違うだろう。正当な仕事には正当な報酬を与えてしかるべきで,国の運営のトップに立つ人間なりの報酬は改めて考えてもよいのではと思う。

 悪いことをやって稼いでいる政治家は,特定の人間に利する政治しかやっていないわけで,そんな政治家がちゃんと政治ができているわけがない。きれいごとかもしれないが,政治家は国民のために広く利する政治をやるべきで,そういう政治家は悪いことで稼げるわけがないのだ。そう考えると,太田の発言はやっぱり矛盾しているのではと,1週間の疲労を抱えながらテレビを見て思ったのであった。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 大学教員オタ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。