アニメ,漫画,ライトノベル,声優,アニラジ,クレジットカード,マイレージなどのオタ趣味全開の大学教員の備忘録です.
大学教員オタ日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ToDoリスト2
2008-04-24-Thu  CATEGORY: 雑記
 ToDo2回目。進行状況と,追加。

 ①本部への書類書き→提出済み。
 ②科研の書類書き。見積もり&価格表→見積もりつけて提出済み。
 ③科研研究の材料作成→作成中。
 ④要望書作成→まだ。
 ⑤科目担当の資料作成→上司に提出済み。

 5つ中,3つ完了した。追加するものとして
 ⑥論文書き(VP関係事例)
 を追加した。まだ進んでいないが,学会誌投稿を前提に。投稿のリズムをつけて行きたい。理想としては,査読に回っている間に1本書いて,査読が帰ってきたら,書いたものを投稿するというリズムがベスト。

 投稿するものとしては順不同で
 1)VP事例→SC
 2)AAQ→PR?
 3)ACT実験(WS2007)→BAorPP
 4)ACT事例(WS2007)→どこがいいか?
 5)MPD2事例/FAP→Cou(入会必要)
 6)アス事例→商業誌か
 7)紀要・・・なにかまとめ的なものFAPレビューとか
 8)科研ネタで早々にまとめて・・・・PPor海外

こんなところかと。これらに伴って論文読みも必要か。これも平行したい。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0
文化を残したい気持ちは分かるけど
2008-04-20-Sun  CATEGORY: 雑記
MBSニュース関西から。

■大阪府交響楽団 “全額カット”の危機

 橋下知事が進める財政再建で、来年度の補助金4億円を全額カットされそうな
交響楽団が支援を求め、署名を提出しました。

 質の高い演奏で知られる大阪センチュリー交響楽団。

 設立20周年に向け準備を進めていた最中、およそ4億円の補助金が全額カット
の対象になっていることがわかりました。

 実は6年前にも補助金が1割以上削減されたことがありましたが、その時は60
人近くいる楽団員の給与をカットすることで乗り切りました。

 しかし、今回はまさに存続の危機です。

 「オーケストラという文化を木としますと、ここまで成長してきた木を切ってしまうと
再生できない。絶対あり得ない暴挙を許してもらっては困る」(大阪センチュリー交
響楽団・小泉和裕音楽監督)

 関係者らは橋下知事宛に支援を求め署名を提出し、改めて大阪の貴重な文化を
残して欲しいと訴えています。 (04/18 19:56)



 財政難ってのは世知辛い話にしかならないねえ。まあ,色々と考えさせられるニュースではあるけど,すでに高等教育の現場ではこういうことは起きてんだよね。まあ,補助金カットなんていうものはほとんど聞かないけど,外から金を取って来いやら,自分たちで金を稼ぐことが大事だとか,給与体系見直しとか言う名目で事実上の給与カットとか,昇給抑制とか,まあ,景気の悪い話は上げればキリがないんですよ。文句を言えばキリがないけど,次の世代に教育を行うために,自分たちが生き残っていく方法ってのを必死で考えて,実践しているんだ。まあ,そうでないところもあるだろうけど,そういうところは近いうちに潰れていくよ。

 こういう風潮が良いとは思わない。文化や教育というのは本来的に金にならないものだし,だけれども,守っていく必要のあるものだと思う。ただ,それを踏まえても,このオケの人たちものんびりしすぎというか,もうちょっと,危機感持ってもいいんじゃないのかなあと思うよ。補助金がなくてもやっていけるような体制を作っておくべきだったんじゃない?それにさ,もう右肩上がりの経済成長なんて望めないんだから,金は黙ってて自分のところに来るなんて考えてたら大間違いだよ。この人たちも,「オーケストラという文化」といっているぐらいだから,文化を守っているという気位があるんだろうね。まあ,文化を守ること自体は大事だと思うけど,残ってこその文化だし,自分たちで生き残っていこうという姿勢があってこその文化だと思う。

 お金を稼いでたらこんなことも言わなかっただろうし,それに,どういう理由であれ,「自分たちの活動が切り捨てられる」こと自体,そのことについて自分たちに何が足りなかったのか考えたらいいと思うよ。まあ,ここで言いたかったのは,

 「税金で自分たちの活動を守ってもらおう」なんていう甘ったれた考えはさっさと捨ててください。

ということ。文化を残したいなら,必死でやれ。音楽教室でもやって自分たちで稼いで,それで食え。講演や練習費用もそこから出してみろ。現に,演劇をやってる人はそれ以上のことしてるぜ?自分たちのやっていることに誇りを持っているなら,それぐらいやれよな。大体,大阪府が潰れたら,この人たちどうするつもりだったのかねえ?
ページトップへ  トラックバック0
久しぶりにTo do
2008-04-16-Wed  CATEGORY: 雑記
 仕事も色々あり,毎日の仕事もあり。

 ①本部への書類書き→済み。上司にチェックもらう?来週明けまでに提出だから・・。
 ②科研の書類書き。見積もり&価格表
 ③科研研究の材料作成
 ④要望書作成
 ⑤科目担当の資料作成

 こんなところ。明日は朝一で学生とのアポ。仕事頑張るぞいっと。
ページトップへ  トラックバック0
仕事
2008-04-15-Tue  CATEGORY: 雑記
 学内の仕事だけでなく,自分の仕事,学外の仕事,数は多くないけどそれなりにいくつかある。着任して丸3年,4年目に突入しようとしているが,そろそろこれまで自分の研究を本格的に進めたいし,今までやってきた散発的な研究も論文にまとめてみたい。4月は学内も色めき立ってるし,フレッシュな空気が漂っているからこういう気分にもなるのかもしれないけど,こんな賞もない研究者にも科研を与えてくれたのだから,ご期待に添えるようにしたい。

 あと,毎日ブログ更新したい。
ページトップへ  トラックバック0
新年度に入って
2008-04-15-Tue  CATEGORY: 雑記
 2008年度に入って,何が変わったか?

 自分自身は変わったとも言えるし,変わってないとも言える。一つは昇任したこと。ただこれも名前が変わっただけで,今のところ,どうということもない。学内的に扱いが変わったかといえばNoである。ひょっとしたら給料も多少は良くなるかもしれないが,あまり期待はしないでおく。もう一つははじめて外部研究費を頂くことになったこと。科学研究費補助金の若手研究Bというやつだ。初めてなのでよく分からないことだらけだが,今年度は直接経費と間接経費で280万ももらえるようだ。半分は研究機器購入に消えるが,まあ,色々な面で潤いそうだ。

 脱出の糧にしたい。
ページトップへ  トラックバック0


余白 Copyright © 2005 大学教員オタ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。